市役所でもお金を借りられる

市役所でお金を借りる「生活福祉資金貸付制度」

どうしても自分のお金だけでは生活がままならない、という場合、本当にお金が必要でも業者は返せる見込みのない方へ融資はしてくれません。そのため、どこからもお金が借りられずに負の連鎖になってしまっている方もいるのではないでしょうか。

そんな方が利用できる制度として、「生活福祉資金貸付制度」というものがあります。これは、市役所でお金を借りられる制度です。生活を立て直すためや教育のためなど目的がクリアであれば、誰でも申し込みができます。

審査の方法も単純で、社会福祉協議会の職員と面談を行うことです。その中で、将来的に返済できる人であると認められた場合には、市役所からお金を借りられます。市役所はお金を貸すのを生業としているわけではないので、非営利的であるのもポイントです。

そのため、一定の条件を満たしている場合には、無利子で借りることもできるのです。しかし、この制度を利用するためには細かい条件がありますし、無利子で借りるのにも様々な条件があるので、利用を考えている際にはまず問い合わせを行いましょう。

無職でもお金を借りられるの?

市役所でお金を貸すのは、市民の生活を保護するのが目的です。とはいえ、貸付するお金は税金から賄われるので、しっかり返済してもらわなければなりません。そうなると無職だと借りられそうにないように思いますが、そうでもありません。

例えば、就職活動をするのにお金が必要だけどそのお金がなくて困っている、というような場合には、「就職したら返済できる」ということが認められてお金を借りられる場合があります。まずは窓口で相談することが大切です。