親からお金を借りる

一番すぐに借りられるのはやっぱり親

「どうしてもお金が足りないけれど、業者などで借りたくない」「無利息でお金を借りたい」そんな場合にすぐに思いつくのが、親ではないでしょうか。もちろん、家族の事情によってはそうではないこともあるでしょうが、親を頼るのは一般的です。

しかも親は子供が困っているのであれば手助けしたい気持ちがあるので、無条件で貸してくれることも少なくありません。なので、金融機関を頼る前にまずは親を頼っているという方も少なくはないでしょう。

親からお金を借りる際にはここに注意

親からお金を借りる際に、注意したいこととして2つのことがあります。1つ目は、借用書を作成することです。「親だから別にいいじゃん」と思う方もいるでしょうが、そこは「親しき中にも礼儀あり」です。

「金の切れ目が縁の切れ目」ともよく言うので、しっかりと借用書を作成することによって、お互いに心づもりができるので、今後の信頼関係が崩れるのを防ぐことができます。些細な金額でもきちんとすることが、今後の関係性につながるのです。

2つ目は、金利を設定することです。「金利を設定するなら親から借りる意味ないじゃん!」と思われるかもしれませんが、これは税金対策です。借りる金額が少ない場合には、金利を設定しなくても問題ありません。

問題があるのは、家を買う場合などで大きな金額を親から借りる場合です。その際、借用書を作成して金利を設定しないと、税務署から贈与とみなされて贈与税がかかる場合があります。また、生前贈与にカウントされてしまうこともあるので、大きい金額を借りる際には注意しましょう。