国でお金を借りる

どうしても子供の教育資金がない!

「子供が進学したいと言っているけれどどうしても進学資金がない!」と困っている方に向いているのが、国の教育ローンを利用する方法です。進学資金を準備できない方の多くは、銀行などの金融業者の教育ローンを利用できない場合が多いです。

そんな方でも利用できるのが、国の教育ローンである「教育一般貸付」と「教育支援資金制度」です。「奨学金制度となにが違うの?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。奨学金は進学者本人が借りる制度ですが、国の教育ローンはまたそれとは別で、保護者が借りられる制度です。

なので、進学者本人が奨学金制度を利用するのと合わせて、国の教育ローンの利用ができるのです。しかも学校入学後の貸付ではなく、入学前でも利用できるので、入学前に諸々の準備でお金が必要となる場面でも安心して利用できます。

「教育一般貸付」で借りられる額は、1年に350万円までです。「教育一般貸付」と「教育支援資金制度」を比べると、「教育一般貸付」は通常の教育ローンの色が強く、「教育支援資金制度」は収入を理由に進学を諦めることのないように設けられた制度です。

したがって、保護者に障害があって満足に収入のない場合や、低収入であるような場合には、「教育支援資金制度」を利用すると良いでしょう。金融機関などで断られた場合でも、問題なく利用ができます。

ただし、教育一般貸付も教育支援資金制度もお金を借りるためには事前の審査が必要です。条件によって、提出しなければならない書類も異なるので、まずは窓口などでよく説明を受けて申し込むようにしましょう。