家族にバレずにお金を借りる方法

お金を借りるのを誰にもバレたくない、という人は多いです。特に、家族に知られると困る、というケースは多いのですが、実際同居している家族に知られないようにお金を借りることは可能なのでしょうか。

申し込み時に連絡先指定を

借り入れの申し込みをする場合は、当然自宅の電話番号や住所、勤務先などを記入する必要があります。しかし、ここに記入したからと言って自宅や勤務先に連絡が来るわけでありません。

通常の消費者金融などでは、連絡先として自宅にするか携帯電話にするか、また、自宅への電話や郵送は可能か、などのチェック欄がありますので、ここで連絡先を自分の携帯電話のみにして、郵便も送らないようにしておけば、自宅に連絡がくることはありません。たとえ返済が遅れても、連絡は携帯に来るので安心しましょう。

在籍確認は個人名で

審査の過程で、在籍確認が行われるのは一般的なことです。これは、記入した勤務先に本当に在籍しているかを確認するためのもので、オペレーターが実際に会社に電話をかけてきます。

もちろんほとんどの人は勤務先にも借金は知られたくないですから、この場合もオペレーターは○○金融の△△です、などと名乗ることはなく、個人名で××さんはいらっしゃいますか?とだけかけてくるので、在籍確認だとはまず気づかれることはありません。

自営業などで自宅にかかってくる場合もありますが、この場合も同様ですので、自分で出てもかまいませんし、家族が出た場合は「セールスだろう」などで胡麻化すことはできるでしょう。

口座は自分が管理しているものを

銀行の口座に入金してもらい、そこから振り込みで返済する場合は、家族が入出金の履歴を見ない口座を使うか、その口座がない場合は専用に口座を用意する必要があるでしょう。

無人機などでカードを作って、ATMでそのカードからお金を引き出したり、ATMで返済を行うという場合は、口座を家族が見たことでバレる心配もありません。ATMに行く手間が問題なければ、それが一番安全な方法と言えます。

返済は遅れないように

返済遅れると、督促の電話がかかってきます。自宅にかかってきたり、郵便物が来ることはありませんが、それでも家族がいるときにその電話を受けると応対がしどろもどろになって、不審に思った家族に問い詰められて発覚するのはよくあるケースです。そうならないためにも、返済は必ず遅れないようにして、バレる前にスムーズに完済してしまいましょう。